« スピリチュアルって地に足つけて | トップページ | 長生きの水 »

2008年11月16日 (日)

奇才画家三城先生

今日は、先月街中で十五年ぶりに偶然会った画家の三城春三先生と我が家で食事をしながら芸術のことについて話しました。

十五年前、一枚の絵を見せていただき、才能の大変ある方だと脳裏に焼きついていました。

その後、海外で数多くの展覧会で賞をもらったそうです。

でも、今は、自己の表現を模索中だそうです。

我が家で人を招いてゆっくり語り合うのがわたしは、極上の時です。

料理もレストラン高橋には、及ばないかもしれないけれど、田舎けんこう料理で自家製

食器でおもてなし。

そんな、日曜日でした。

« スピリチュアルって地に足つけて | トップページ | 長生きの水 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇才画家三城先生:

« スピリチュアルって地に足つけて | トップページ | 長生きの水 »